こんばんは。

少し冷え込んでいますね。

代表の福田です。

さて、先日、2/2(土)は宇都宮での教育ボディワーカー入門講座開催しました。

幼児期の子どもたちを保育や母子保健の現場で、どう支えるかということで話が熱くなりました。

今までの特別支援教育や療育の常識にとらわれず、新しい手立てに目を向けて取り入れてくれる方が増えているように感じます!

【アンケートから】

いつブレアク体操をしますか?

・明日の臨床から
・関わっている子どもたちのお母さんや、保育園の先生に伝えていきたい

今回の講座で学んだことをご家族やご友人に伝えるとしたら、どんなふうに伝えますか?

・子どもたちの発達を促す簡単な方法があるから是非受講してみてください。
・リラックスできる方法など

ブレアクは、現場に向かい合う方を応援しています!

そして、2/3(日)は都内の木場カイロプラクティックにて、専門職向け〜オール・カイロプラクターさんの頭のタッチセラピー講座を開催させていただきました!

オーガナイズくださった宮坂先生に感謝申し上げます。

ありがとうございました!

カイロプラクターの先生方が、発達でこぼこさんに施術くださることが一般的になるなら、心理士の仕事はぐっと減るでしょう^^

お母さんやお父さんも悩みが減るでしょうし、なんと言っても、お子さん一人一人がのびのびと笑顔で生活することがもっともっとできるでしょう。

脳の中枢神経系〜脊椎〜筋骨格系、自律神経系と働きかけがあると、子どもたちが大きく変化するのを何度も目にしてきました。

私たちの手が薬のようなものです。

発達支援について行き詰まっている支援職の方、またご家族の方が、現場を打破したいならぜひ、教育ボディワーカー入門講座や頭のタッチセラピー講座へお越しいただけたらと思います^^

頭のタッチセラピーも原始反射の理解も、ボディワークに注意が向いて来たこの時代の波に乗って日本中に広がっていったらいいなと思います。